株式会社メイナン

プラスチック、鉄・非鉄金属、機械装置の回収・買取

千葉県優良評価認定 産業廃棄物処理業

「分ければ資源、混ぜればゴミ」 正しい分別分類で価値ある資源を生む信頼の再生事業者

株式会社メイナン
Business

プラスチック、鉄・非鉄金属、 機械装置の回収・買取、塩ビ管・継手協会契約中間処理会社

千葉県優良評価認定事業者 産業廃棄物の収集運搬、処分

工場見学レポート

営業品目 NC network

当社はNCネットワークに登録しています。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくくためには「Adobe Reader」が必要です。こちらからダウンロードしていただけます。

中間処理施設

※工場レイアウト図は、右記のPDFファイルより確認いただけます

中間処理施設

1.破砕施設名称:     廃プラスチック類の破砕施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:  4.8t/日(8時間稼動)
処理方法:  破砕処理
主な構造:  防音シートによる騒音・振動及び粉塵対策
2.破砕施設名称:     木くず、紙くずの破砕施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:  3.8t/日(8時間稼動) 木くず
         2.23t/日(8時間稼動) 紙くず
処理方法:  破砕処理
3.切断施設名称:     廃プラスチック類及び金属くずの切断施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:  1.73t/日(8時間稼動)
処理方法:  切断処理
4.剥離施設名称:     廃プラスチック類及び金属くずの剥離施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:  1.64t/日(8時間稼動)
処理方法:  剥離処理
5.裁断施設名称:     ガラス・コンクリートくず及び陶磁器くずの裁断施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:  10.90t/日(8時間稼動)
処理方法:  裁断処理
6.溶融固化施設名称:     廃プラスチック類の溶融固化施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:  2.16t/日(8時間稼動)
処理方法:  溶融固化処理
7.積替保管施設名称:     がれき類・石膏ボード(石綿含有産業廃棄物 有・無)
         蛍光灯の保管施設
設置場所:  市原市能満字中原太郎2080-76
設置年月日: 平成19年2月1日
処理能力:   がれき類 7.8㎥  10.3㎥
          石膏ボード
          (石綿含有産業廃棄物 有) 15.7㎥  20.5㎥
          石膏ボード
          (石綿含有産業廃棄物 無) 15.5㎥  20.5㎥
          蛍光灯 7.8㎥  10.3㎥

◆環保全設境備の概要(全施設共通)

1.騒音・振動及び粉塵防止

関係法令に準拠し、騒音・振動及び粉塵対策を施す。

2.飛散・流出悪臭防止

飛散防止用減ス及び出入り口ゲートにより隔離させれており、床はコンクリート床のため、飛散・流出の恐れは無い。

3.害虫等の発生防止

害虫等の発生は考えにくいが、中間処理施設毎に就業後一斉清掃を実施し、害虫等の発生要因を防止するとともに、残渣物は定期的に中間処理施設に委託し処分する。

4.排水関係

・当該施設からの排水は無いが、雨水などは施設外周に設けられたU字溝

⇒油水分離枡を通じて能満分区スリ組合所管の道路外溝に放流する。
また、定期的に水質検査を実施する。

5.防火

展開検査場及び休憩所兼事務所には、20m以内に1本の間隔で消火器を常備する。
また、自衛消化隊を組織し、定期的に消化訓練を実施する。

▲このページのTOPへ